○○におなやみではないですか?

環境保全

近年地球温暖化が進み環境保全が求められる中、タケザワの木質バイオマスボイラー(木材焚温水暖房機・ペレットボイラー)は従来の重油ボイラーに比べ二酸化炭素排出量が少なく、地球環境に優しいボイラーです。

バイオマスエネルギーとは

バイオマスエネルギーとは、動植物に由来する有機物(化学燃料を除く)を燃やしてエネルギー源(熱や電気など)にすることを指します。

古くから薪や炭はバイオマスエネルギーとして使われてきました。
その中で木質バイオマス資源は、林地残材や製材残材おがくず・チップ・ペレットなどがあります。

最近では再生可能なエネルギーの導入を促進させる循環型燃料として、化石燃料に代わる新たなエネルギー源として期待されています。

バイオマスエネルギーとは

カーボンニュートラルとは

木を燃やすとCO2が出るのに、どうして温暖化防止になるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに木材を燃やせば石油や石炭などの化石燃料と同じように二酸化炭素が放出されます。

しかし、植物の成長課程における光合成による二酸化炭素の吸収量と植物の燃焼による二酸化炭素の排出量が相殺されプラスマイナスゼロとなるのです。

ここが化学燃料との大きな違いです。

カーボンニュートラルとは

二酸化炭素削減量の比較

二酸化炭素削減量の比較


株式会社 タケザワのペレットボイラーと木材焚温水暖房機は、
バイオマスエネルギーを使用することで従来の重油ボイラーと比較し約400CO2t、二酸化炭素を削減することが可能です。
バイオマスエネルギーの使用は間伐材の消費と植林のバランスを保ち、森林の適正な育成に役立ちます。

その他

▲このページのTOPへ