導入事例

導入場所

温泉施設

荻の里温泉
  • 荻の里温泉
  • 薪焚ボイラー
  • 薪焚ボイラー
  • 荻の里温泉
※写真をクリックすると、拡大表示します。

荻の里温泉

大分県にある荻の里温泉様は、様々な効能や広さのお風呂がある九州で有名な温泉施設です。
ご家族連れから一人旅の方にも利用して頂け、本格的な温泉を味わうことのできる場所になっています。

お客さまの声

● 導入することになったきっかけ
以前も他社のA重油ボイラーを利用していましたが、化石燃料が日々変動しており、価格高騰も予想されるため先行き不透明なコストをどうしていくか考えていました。
その際に、薪焚きボイラーについて話を聞き、安定的な燃料確保ができる薪で今後のコスト削減を実現させたいと思います。

● 検討から導入までの流れ
まず見積もりを出してもらいました。
それから実際に現場を見てもらい、搬入の時に入らない等の支障の有無について担当の人と一緒に考えて、問題がないということで搬入を行いました。
2日のレクチャーを行い、今も問題なく動作しております。

● 導入後について
薪を利用したボイラーはこれまで利用したことがなかったので不安もありましたが、操作も問題なくできています。
また期待していた燃費についても良好で、これから燃費がかかる時期に今までとどのくらい差がでるのか楽しみです。

導入場所荻の里温泉
タイプCBW-500
設置年2013年2月
燃料木材(間伐材)
電源AC-200V 三相 50/60Hz
使用用途温泉の温度管理
大浴場床面積300m2

・施設情報
住所:大分県竹田市荻町
営業時間:10時~22時
休館日:第1、第3月曜日
(但し、祝祭日は営業・翌日休館/レストランは月曜日休業)
HP:http://www3.ocn.ne.jp/~ogionsen/

関連製品

▲このページのTOPへ