○○におなやみではないですか?

その他

木材焚ボイラーの導入を図る上では、その施設の目的や性格、エネルギー需要形態、立地条件、周辺環境などを考慮して、施設にマッチしたふさわしい設備を導入することが必要です。
タケザワでは、導入対象の規模と燃料の適合性を考えることで機種を選定し、しっかりと使用状況を把握することでお客様のご要望にお答えできるよう努めております。

ボイラー導入の手順

ボイラー導入の手順

対象施設と木材焚ボイラーのマッチングに関する検討内容

検討分野検討課題
ボイラーの設置スペース特に都市部においては、設置スペースの確保の有無などの観点からの検討。
木材の保管スペース木材を置いておくための設置スペースは確保できるか。
燃料搬入時の交通環境木質バイオマス燃料は大型車両での運搬が望ましいため交通環境上の障害がないか。
エネルギー需要規模エネルギー使用が小さい施設では実効性に欠ける可能性があるため本当に有効なのか。
エネルギーの安定性用途や施設の特性から、他のエネルギー源によるバックアップが必要か。
運転人員の確保現況の運転人員の比較を行い、導入のしやすさを検討。
運転資格新たな運転資格は必要ないか、現況の運転資格の比較を行い、導入のしやすさを検討。
灰の除去方法灰の除去頻度と作業内容及び作業環境についての調査と作業員の負荷について。
維持管理の容易性日常保守の頻度や定期点検頻度、期間について調査を行い、維持管理の容易性を検討。

本当にお客様に必要とされる製品になるために

庁舎、校舎、集会所、病院、養護施設、文化・健康・福祉施設等の施設では、さまざまなエネルギー利用システムが導入されており、システムによっては木質バイオマスエネルギーの導入が困難であったり、実効性に欠けるケースも見られます。

そこでタケザワでは、公共施設等における既存の設備システムと森林バイオマスエネルギーシステムとの適合性を検討することで、本当に製品がお客様に必要な製品なのかを考える姿勢を貫いています。

木質バイオマスエネルギーの導入

▲このページのTOPへ