製品詳細 Product detail

温水暖房機 BW-α

  1. 200,000kcal/h~2,000,000kcal/hと豊富なラインナップ
  2. タケザワの温水暖房機はCO2の削減に取り組んでいます。
  • 環境を考えたBW-60α型ガス焚きパッケージ仕様
    ▲環境を考えた
    BW-60α型ガス焚きパッケージ仕様
  • BW-60α型A重油焚きパッケージ仕様
    ▲BW-60α型A重油焚きパッケージ仕様

関連商品温水エコノマイザー

安心
  • ■余裕の出力、各種燃料に対応します。
  • ■高い効率、90%以上の高効率暖房機です。
  • ■大きな水量の為、負荷変動が少なくて済みます。
  • ■バーナーに消音装置を搭載、騒音対策は万全です。
    住宅地の近くでも安心して暖房機の運転ができます。
  • ■万全のアフター体制で安心をバックアップ。
安全
  • バーナー扉安全スイッチ(灯油・A重油焚のみ)
    バーナー扉を開けるとバーナーが着火しない様、点火回路を遮断します。
  • 燃焼安全装置
    炉内の火炎を検出し、不着火の場合、燃焼を停止させます。
  • モーターの過負荷防止装置
    モーターの損焼を防ぎます。
  • ■温水サーモにより設定温度になると燃焼を停止させます。
  • 『空焚き防止装置』(オプション)空釜の心配はありません。
    電極により缶体の水を検出しないと暖房機が運転しません。
  • 感震器接続端子(オプション)
    地震のとき、震度を感知すると電気を遮断します。
  • ■無圧開放型で取扱いに資格は不要です。『安全』にお使い頂けます。
  • ■3パス燃焼により、炉内圧も低く、『安全』に運転が出来ます。
機能
  • ■バーナー燃焼は、A重油焚、ガス焚、再生油焚等色々な燃料での対応が可能です。
  • ■コンパクト設計でパッケージ化が可能です。

外形寸法図

【ガス焚(13A)(LPG)】
ガス焚(13A)(LPG) 外形寸法図
【A重油焚】
A重油焚 外形寸法図

仕様

項目 20α 30α 40α 60α 80α 100α 120α
熱出力 kw 232.6 348.8 465.1 697.7 930.2 1162.8 1395.3
kcal/h 200000 300000 400000 600000 800000 1000000 1200000
使用燃料   灯油JIS K2203 1.2種  A重油JIS K2205 1種
*1)
燃料
消費量
L/h
灯油 26.8 40.1 53.5 80.3 107.0 133.8 160.5
A重油 25.1 37.6 50.1 75.2 100.2 125.3 150.3
*2)
燃料
消費量
Nm3/h
13A 22.2 33.3 44.4 66.6 88.8 111.0 133.2
LPG 10.2 15.3 20.4 30.5 40.7 50.9 61.1
最高使用
水頭圧
m 0(無圧開放型)
伝熱面積 m2 7.2 11.3 11.3 17.2 23.4 35.9 39.7
電源   AC200V
バーナー
w
モータ 450 600 1000 1500 2600 3700 3700
制御
回路
200 200 200 270 270 270 270
制御方式   3位置 3位置 3位置 3位置 3位置 3位置 3位置
安全装置   ①燃焼安全装置 ②温水サーモ ③モーター過負荷保護装置 ④バーナー扉安全スイッチ ⑤感震器接続端子(オプション) ⑥空釜防止装置(オプション)
保有水量 L 800 1300 1300 1700 2200 3200 3200
製品重量 kg 700 950 1100 1400 1650 2300 2300
煙突口径 mm 290 290 290 360 360 390 390
管座口径
及び数量
温水
往管
50A×4 50A×4 50A×4 80A×4 80A×4 100A×4 100A×4
温水
還管
65A×2 80A×2 80A×2 100A×2 100A×2 150A×2 150A×2
給水口 20A 20A 20A 20A 25A 25A 25A
排水口 40A 40A 40A 50A 50A 50A 50A
オーバー
フロー
50A 50A 50A 50A 50A 50A 50A
温水
循環
40A 40A 40A 40A 50A 50A 50A

*1)燃料消費量は、A重油比重0.86・低位発熱量42.7MJ/kg(10,200cal/kg)を基準に算出しています。

*2)燃料消費量は、ガスの低位発熱量を13A;41.44MJ/m3、LPG;90.42MJ/m3とした時の値です。

※仕様ならびに外観は改良などのため、予告なしに変更することがあります。

▲このページのTOPへ